« WanderVogel 相磯巴 | トップページ | SNSのともだち表示なんとかならんのか »

こめぐら 倉知淳

短編集です。

一話一話読むごとに、本を床に叩きつけたくなります。(;´Д`)

非本格推理です。非です。非です。どう読んでも非です。

ひどいもんです。納得できねぇw

作者の意図はわかるが・・・一話読んでは、次、読んで大丈夫かぁ?と思わずにはいられません。

最後に猫丸先輩のがボーナストラックの如く入っていますが、前にこれだけ変なのを読まされれば、秀作に思えてしまう。それが狙いなのか(-ω- ?)

それから、倉知さんの「あとがき」が読めます。これこそがボーナスかもしれません。

カバー絵の猫とか全く内容とは関係ありません。「こめぐら」というタイトルになんの意味もありません。どうなってるんだよw

オススメ度は低いですねぇ。

40点

こめぐら (倉知淳作品集) Book こめぐら (倉知淳作品集)

著者:倉知 淳
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« WanderVogel 相磯巴 | トップページ | SNSのともだち表示なんとかならんのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こめぐら 倉知淳:

« WanderVogel 相磯巴 | トップページ | SNSのともだち表示なんとかならんのか »