« 立て続けに壊れるノートPC達 | トップページ | サブウェイ123 激突 »

ubuntuとbrotherプリンタ

ubuntu9.04でbrotherのプリンタ(MFC-6490CN)を使えるようにしてみた。

brotherではLinux用のドライバがちゃんと用意されてる。(機種もある)

http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/index.html

まずはLPR用ドライバのインストール。これはコマンドラインでプリンタを使えるようにする物らしい。

ubuntuではDebian対応ドライバを使うのが楽みたい。

http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/lpr_printer/driver.html#Debian

機種毎にダウンロードページがあり、使用許諾に同意して、そのまま開くと画面に従ってインストール出来る。

次に同じようにCUPS Wrapper用プリンタドライバをインストールする。

これで、ウィンドウ上で設定出来るようになるのだと思われます。

これも同じようにDebian対応ドライバでインストール。

http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/cups_printer/driver_cupswrapper.html#Debian

以上で準備完了。USBならそのまま使えると思います。

私は無線LANにしているので、接続先の設定をします。

メニューから印刷設定画面を開きます。

システム>システム管理>印刷

該当プリンタを開いて、デバイスURIを変更、検索が始まって一覧が表示されます。

ネットワークプリンタの中の該当プリンタ名を選択、IPアドレス確認して、「適用」

これで使用出来るようになりました。

ターミナルでコマンド使わなくても、使えるようになるなんて、windowsみたいだぞ。すばらしい。

スキャナやPCFAXは今回は無視。どうせ使わないしソフトもわからん。

スキャナは簡単には行きそうにない。PCFAXに至っては対応機種に上がってないな。

|

« 立て続けに壊れるノートPC達 | トップページ | サブウェイ123 激突 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407241/31547423

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntuとbrotherプリンタ:

« 立て続けに壊れるノートPC達 | トップページ | サブウェイ123 激突 »