« また聞き逃すぅ 残念千秋 | トップページ | WebMoney当選 »

フリーランチの時代

フリーランチの時代 (ハヤカワ文庫JA) フリーランチの時代 (ハヤカワ文庫JA)

著者:小川 一水
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

安心の?小川さんのSF短編集。軽めで読みやすくていいですね。

短編なんで若干消化不良かな。

各タイトル感想

フリーランチの時代

 本のタイトルにもなってるがなんでこんな題名に意味がよくわかんない。今までないエイリアンファーストコンタクトもの。

Live me Me

 植物状態の女性が、脳信号でロボットというかヒューマノイドインターフェイスを動かすってお話。近未来でありえそうな話ですね。これが一番面白かった。

Slowlife in Starship

 宇宙船もの?結末の方がよくわからない。のんびりぼんやりした話。

千歳の坂も

 不老不死のお話、出だしの発想がいままで読んだことのないものだった。終わり方もすごいわ。

アルワラの潮の音

 古代とSFもの。時砂の王の番外編?ちょっと終わりが悲惨。

|

« また聞き逃すぅ 残念千秋 | トップページ | WebMoney当選 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリーランチの時代:

« また聞き逃すぅ 残念千秋 | トップページ | WebMoney当選 »